tomoe's.web.journal
2006 02< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>04
--.--.--.-- : スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



2006.03.31.Fri : 恩人


contact.jpg



こんなところで。。。

強風で目が乾燥してコンタクト紛失!

もう見つからないだろうとあきらめたそのとき、

たまたま通りがかった上海からの旅行者が発見してくれました!!





2006.03.29.Wed : 石林


shilin01.jpg


昆明から車で1時間強。

「石林」です。

このあたりは昔は海底だったのです。

昔といっても、今から約3億年前。

海底にあった石灰岩の層が海水などによって侵食されて、柱のような形になったものです。
その後、地殻変動で陸地になり風化されて今の形になったそうです。

大石林景区へ向かう途中から、ぽこぽことこの石林が見え始め、
一帯が石で埋め尽くされた光景を目にしたときは、
なんとも言えない絶景でした。

しかし・・・

先日新華社通信の報道で、この石林が酸性雨に侵されているというニュースを目にしました。
石林が酸性雨によって、白く変色し始めているそうです。

とてつもなく長い年月をかけて地球が作り出したこの地形に、
人間の活動で生まれた科学物質が影響を与える。

長い間手塩にかけて描きあげてきた絵画に、横からよそ者がやってきてペンキをぶちまけてしまったような感じでしょうか。。。






2006.03.28.Tue : 玉龍雪山


xueshan03.jpg


玉龍雪山で。

標高高いです。

酸素ボンベが必要です。

あんまり無理すると高山病になる人もいるみたいです。

ヤギのミルク甘いです。


xueshan02.jpg








2006.03.27.Mon : トンパ文字


トンパ文字は現在使われている世界で唯一の象形文字です。

納西(ナシ)族という人口28万人の民族が主に使用しています。
女性の力が強い民族だと感じました。
彼らは歴史的背景からチベット文化の影響も受けているようです。

形からどんな意味の文字なのかだいたい想像つきますね☆

tompawenzi2.jpg


「家族みな長く幸せで健康に」という言葉に
象形文字で名前を入れてもらいました。

tompawenzi.jpg







2006.03.27.Mon : 虎跳峡


hutiaoxia.jpg


雲南省・麗江市内から車でどれくらいでしょうか。

「虎跳峡」

玉龍雪山と香格裏拉(シャングリラ)の合巴雪山の間を流れる、
全長20キロ、高低差3000mの大峡谷。

虎がこの峡谷を飛び越えたという伝説が名前の由来。

標高の高い山の合間を流れる急流。
流れの速さとまわりの山々とのコントラストに
私の胸まで大興奮でした!!!

ここまでのトレッキングロードで、案内の劉さんと夢を語ったことは
思い出深いできごとでした。






2006.03.26.Sun : 麗江古城


lijianggucheng01.jpg


麗江古城を高台から眺めてみました☆


lijianggucheng.jpg







2006.03.20.Mon : 麗江古城


lijiang.jpg


中国・雲南省の麗江旧市街です♪
1997年に世界文化遺産に登録されました。

なんだか、故郷岐阜県の高山の古い街並みにどこか似ている気が☆






pagetop



    home    
./さと(11.07)
./20121103(11.07)
./ホーチミン(10.21)
./京都(10.21)
./Singapore in the night(10.20)


./Daily Life(48)
./Trivial Notice(26)
./Flamenco(10)
./Book Review(9)
./Cinemas(10)
./Travel(48)
./Food(9)
./未分類(0)
./High School Days(40)
./My History(5)
./Work(2)


./2012.11(2)
./2012.10(3)
./2012.02(1)
./2012.01(2)
./2011.06(2)
./2011.04(2)
./2011.03(2)
./2011.01(5)
./2010.07(1)
./2010.05(1)
./2010.03(2)
./2010.02(3)
./2010.01(1)
./2009.12(4)
./2009.11(1)
./2009.03(2)
./2008.10(1)
./2008.05(1)
./2008.03(6)
./2008.02(1)
./2008.01(1)
./2007.12(4)
./2007.11(1)
./2007.09(7)
./2007.08(2)
./2007.07(6)
./2007.06(4)
./2007.05(3)
./2007.04(6)
./2007.03(2)
./2007.02(4)
./2006.11(2)
./2006.10(1)
./2006.09(9)
./2006.08(2)
./2006.07(4)
./2006.06(3)
./2006.05(1)
./2006.04(1)
./2006.03(7)
./2005.12(1)
./2005.11(1)
./2005.10(7)
./2005.09(8)
./2005.08(11)
./2005.07(4)
./2005.06(4)
./2005.03(2)
./2005.02(1)
./2005.01(1)
./2004.11(1)
./2004.07(2)
./2004.05(4)
./2004.04(1)
./2004.01(1)
./2003.12(2)
./2003.11(2)
./2003.08(2)
./2003.05(1)
./2003.03(1)
./2002.12(1)
./2002.11(15)
./2002.10(11)
./2002.09(10)





Tomoe Sakihara
live:TOKYO





india02.jpg












Template*skin.to.farrow


Copyright ©tomoe's.web.journal All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。