tomoe's.web.journal
2007 11< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>01
--.--.--.-- : スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



2007.12.26.Wed : 引越し。新たなドアを開く


door.jpg


卒論を抱えて忙しい中、

バタバタとお引越し。

次住むお部屋では二人暮し。

家に帰れば誰かいるかと思うと、

一人暮らしを5年してきた私にとっては、

なんだかほっこり嬉しい☆





2007.12.05.Wed : 眠る前に「最後のニュース」


最近、夜寝る前に毎日聞く曲。




「最後のニュース」


作詞 井上陽水


闇に沈む月のうらの顔をあばき
青い砂や石をどこへ運び去ったの

忘れられぬひとが銃で撃たれ倒れ
みんな泣いたあとで誰を忘れ去ったの

飛行船が赤く空に燃え上がって
のどかだった空はあれが最後だったの

地球上に人があふれだして
海の先の先へこぼれ落ちてしまうの

いまあなたにgood-night
ただあなたにgood-gye




暑い国の象や広い海の鯨
滅びゆくかどうか誰がしらべるの

原子力と水と石油たちのために
私たちはなにをしてあげられるの

薬漬けにされて治るあてをなくし
痩せた体合わせどんな恋をしているの

地球上の酸素、窒素、フロンガスは
森の花の園にどんな風をおくってるの

いまあなたにgood-night
ただあなたにgood-gye




機関銃の弾を体中に巻いて
獣たちの中で誰に手紙を書いているの

眠りかけた男達の夢の外で
目覚めかけた女達はなにを夢見るの

親の愛を知らぬ子供達の歌を
声のしない歌を誰が聞いてくれるの

世界中の国の人と愛と金が
入り乱れているか混ざり合えるの

いまあなたにgood-night
ただあなたにgood-gye









2007.12.05.Wed : the way I go...


thewayigo.jpg


冒険心が強く、

気になったところはどこへでも首を突っ込む。

この先へ行くと何があるんだろう?

私はどこへ向かってるんだろう?

ときには道を選ばなければならなかったり、

道に迷ったりもする。

そうなったら、そのとき感じたことを大切に、

そのとき思った道を進めばいい。

道の先は誰にもわからない。







2007.12.04.Tue : ザ・プリンス・パークタワー東京


今年の春から上京している弟と、
学会で東京にきた父と、
久しぶりに親子3人で食事をしました☆

芝公園のプリンスホテル、パークタワー東京に集合!

クリスマスのイルミネーションの中に白く輝くタワーと
その背後で赤く暖かい光を放つ、東京タワー。
なんとも言えないコントラストに鼓動が高まる!

写真に収めなかったことが悔やまれるほど、
空気の澄み渡ったこの季節だからこそ見れる、素晴らしい景色。

いつか、また大切な人と行けたらな。



タワー最上階の「アラン・パッサール」というフレンチレストラン。
パリのミシュラン三ツ星レストラン「アルページュ」の
オーナーシェフが日本でプロデュースするお店。

コースは日本人の好みに合わせて組まれている印象。
どの料理も絶妙なハーモニーでした。
お誕生日などの記念日に利用している人が多かった。
この夜だけで、バースデーケーキが運ばれてくるのを3回も見た。

食事もワインも美味しくいただけたけど、
私にとっては、「家族で」
この時間を楽しめたことが、何よりも尊いできごとでした。








pagetop



    home    
./さと(11.07)
./20121103(11.07)
./ホーチミン(10.21)
./京都(10.21)
./Singapore in the night(10.20)


./Daily Life(48)
./Trivial Notice(26)
./Flamenco(10)
./Book Review(9)
./Cinemas(10)
./Travel(48)
./Food(9)
./未分類(0)
./High School Days(40)
./My History(5)
./Work(2)


./2012.11(2)
./2012.10(3)
./2012.02(1)
./2012.01(2)
./2011.06(2)
./2011.04(2)
./2011.03(2)
./2011.01(5)
./2010.07(1)
./2010.05(1)
./2010.03(2)
./2010.02(3)
./2010.01(1)
./2009.12(4)
./2009.11(1)
./2009.03(2)
./2008.10(1)
./2008.05(1)
./2008.03(6)
./2008.02(1)
./2008.01(1)
./2007.12(4)
./2007.11(1)
./2007.09(7)
./2007.08(2)
./2007.07(6)
./2007.06(4)
./2007.05(3)
./2007.04(6)
./2007.03(2)
./2007.02(4)
./2006.11(2)
./2006.10(1)
./2006.09(9)
./2006.08(2)
./2006.07(4)
./2006.06(3)
./2006.05(1)
./2006.04(1)
./2006.03(7)
./2005.12(1)
./2005.11(1)
./2005.10(7)
./2005.09(8)
./2005.08(11)
./2005.07(4)
./2005.06(4)
./2005.03(2)
./2005.02(1)
./2005.01(1)
./2004.11(1)
./2004.07(2)
./2004.05(4)
./2004.04(1)
./2004.01(1)
./2003.12(2)
./2003.11(2)
./2003.08(2)
./2003.05(1)
./2003.03(1)
./2002.12(1)
./2002.11(15)
./2002.10(11)
./2002.09(10)





Tomoe Sakihara
live:TOKYO





india02.jpg












Template*skin.to.farrow


Copyright ©tomoe's.web.journal All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。